• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リーク合戦…官邸vs民主党 始まった「政治とカネ」泥仕合

 衆院で7時間の集中審議が30日に行われたが、「政治とカネ」の問題は、泥仕合の様相になってきた。

 安倍政権の閣僚の「政治とカネ」を追及している民主党の枝野幹事長にも、政治資金収支報告書の記載漏れが見つかった。枝野氏の後援会が11年に開催した「新春の集い」の収入約240万円分が記載されていなかった。監査人から指摘を受けて訂正したものの、誤って訂正前の書類を提出してしまったというのだが、オソマツきわまりない。

 もっとも、最初に報じたのが政権に近い読売新聞だったこともあり、永田町では、「リークしたのは官邸だろう」ともっぱらだ。いま全国各地で、民主党議員の収支報告書について、領収書の開示請求が殺到している。

「小渕前経産相と松島前法相が野党の標的になった頃から、官邸は内調(内閣調査室)や公安に民主党幹部の身辺を洗わせていた。まだまだ他にも民主党スキャンダルの“隠し玉”があると聞いています」(自民党関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事