• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

森永卓郎氏が提言「ルーブル暴落は領土返還の最大好機だ」

 ロシア・ルーブル安で“好機”到来か。

 ロシアの通貨ルーブルの対ドル相場は25日現在、1ドル=52ルーブル。今年初頭から約4割も暴落した。その引き金は世界的な原油安で、ロシアは原油が輸出額全体の3割を占める産油国。原油暴落は、ロシア財政をキリキリと締めつけている。

 この状況を「日本の対ロ外交にとって最大のチャンス」とみているのが、経済アナリストで独協大教授の森永卓郎氏だ。一部メディアで、「こっそり(ロシアに)行って『助けてやるから4島全部一気に返せ』っていうのを(日本)政府が今やるべき」と提言していた。改めて森永氏に真意を聞いた。

■1年続けばロシア経済はパンク

「今の原油安の状況が1年も続けば、ロシアの財政は早晩、窮地に追い詰められるでしょう。日本は無利子融資など、ヒモのついていない“カネ”を送るべきです。うまくいけば『まず、歯舞、色丹の2島返還』という返答を得られるかもしれない。ただし、援助の実態を上手にオブラートに包む必要があります。あまりにロコツに“カネで解決”という姿勢を見せると、日本国内での反対が大きくなるうえ、プーチンのメンツを潰すことになる。札束で頬を叩くようなことをしてはいけません。日本政府は原油が再び値上がりする前に即座に動くべきです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る