森永卓郎氏が提言「ルーブル暴落は領土返還の最大好機だ」

公開日: 更新日:

 ロシア・ルーブル安で“好機”到来か。

 ロシアの通貨ルーブルの対ドル相場は25日現在、1ドル=52ルーブル。今年初頭から約4割も暴落した。その引き金は世界的な原油安で、ロシアは原油が輸出額全体の3割を占める産油国。原油暴落は、ロシア財政をキリキリと締めつけている。

 この状況を「日本の対ロ外交にとって最大のチャンス」とみているのが、経済アナリストで独協大教授の森永卓郎氏だ。一部メディアで、「こっそり(ロシアに)行って『助けてやるから4島全部一気に返せ』っていうのを(日本)政府が今やるべき」と提言していた。改めて森永氏に真意を聞いた。

■1年続けばロシア経済はパンク

「今の原油安の状況が1年も続けば、ロシアの財政は早晩、窮地に追い詰められるでしょう。日本は無利子融資など、ヒモのついていない“カネ”を送るべきです。うまくいけば『まず、歯舞、色丹の2島返還』という返答を得られるかもしれない。ただし、援助の実態を上手にオブラートに包む必要があります。あまりにロコツに“カネで解決”という姿勢を見せると、日本国内での反対が大きくなるうえ、プーチンのメンツを潰すことになる。札束で頬を叩くようなことをしてはいけません。日本政府は原油が再び値上がりする前に即座に動くべきです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る