判断ミス続けた安倍政権が「テロに屈しない」と息巻くリスク

公開日:  更新日:

 人質2人の首が切断されるという、最悪の事態を招いたそもそもの発端は、安倍首相の“2億ドル支援演説”だ。人質が拘束されているのが分かっているのに、いまが注目を浴びるチャンスとばかりに中東にのこのこと出かけ、2億ドル支援をブチ上げた。

「正確には、ブッシュ米国のイラク戦争を支持した小泉政権からの憎悪が演説でより深まったというべきでしょう。イスラム国は、前身の『イラクの聖戦アルカイダ組織』の時代から、ブッシュと共闘した日本を敵視していた。当時から政権の中枢にいた安倍首相が、その辺の事情を知らないわけがない。本当は、昨年8月に湯川さんが拘束された時点から、事態は切迫していたのです」(戦場ジャーナリストの志葉玲氏)

 ところが、安倍政権は人質事件など眼中にないかのように、衆院を解散し、政治空白をつくり、パリのテロがあったのに中東歴訪を強行した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る