ソニーの経営は“2周遅れ” ウォークマン切り離しで鮮明に

公開日: 更新日:

■保身に走る平井社長の延命策

 実質的に経営を取り仕切ってきた最高財務責任者・吉田憲一郎氏と、半導体事業の執行役・鈴木智行氏が4月1日付で副社長に昇格する。会見で、平井社長は「『小さな本社』としてガバナンス(企業統治)に取り組み、必要最低限の管理機能を持つことを目指す」と胸を張ったが、社内外から向けられる目は冷ややかだ。今回の分社化も長期政権を目指し、保身に走る平井社長の延命策ともっぱらである。

「平井社長は英語でのプレゼンテーション能力は一流ですが、決断力と先見性は一流とは言い難い。これまで小手先の対症療法ばかりでした。NECやパナソニック、東芝などが早くから構造改革に着手してきたのに対し、ソニーはグラウンド2周遅れという印象です。例えるなら、病院で寝たきりだった人が、ようやくトイレにひとりで行けるようになった程度。グラウンドに出て走るまでには相当な時間がかかりそうです」(有森隆氏)

 ソニー創業者のひとり、井深大氏は「日本発、世界初のものを創ってこそ、人より先に進むことができる」と言った。現状をどのように見ているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る