日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安倍首相の“天敵” 民主・後藤祐一議員「大トラ騒動」で禁酒令

 安倍政権の“天敵”に大トラ騒動だ。民主党の後藤祐一衆院議員(神奈川16区)が、酒に酔って東京・港区の青山仮議員宿舎前の路上で騒ぎを起こしていた。

 党関係者によると、後藤は3日午前3時ごろ、タクシーで宿舎に帰宅した際、車から降りるのを拒んで騒いだり、宿舎の門扉を乗り越えようとしたという。間もなく現場には十数人の警官が駆けつけ、一時騒然に。その後、落ち着きを取り戻して歩き出したものの、間もなく路上で転倒して頭や顔に全治1週間のケガを負ったという。

 後藤は経産省出身で当選3回。国会質疑で舌鋒鋭く迫る姿勢が評価され、「戦争法案」をめぐる衆院特別委の委員も務める。騒動を受け、民主党の高木義明国対委員長が口頭で厳重注意したほか、別の党幹部が今後1年間、禁酒を指示した。

 いつもは防戦一方だった自民党関係者は思わぬ“敵失”に大喜び。後藤は「今後は襟を正して身を律し、国会での活動に専念する」とのコメントを発表したが、自覚が足りない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事