“自己救済”で手記出版 「酒鬼薔薇聖斗」の大人げない執筆動機

公開日: 更新日:

 1969年に横浜市で起きた高校生の頭部切断事件を取材したノンフィクション作家・奥野修司氏が言う。

「遺族の承諾を得ず、『自己救済』のために書いたのは身勝手な行動と言わざるを得ません。Aは毎年、被害者の命日に遺族に手紙を出しているそうですが、本来なら月命日に毎回送るべきでしょう。そうした努力の積み重ねで遺族の理解を得たならともかく、自分が救われたいので書いたのでは遺族が納得するはずがない。事件から18年、遺族の心の傷が癒えかけたところに本を出すのは“第2の殺傷事件”ともいうべき行為です」

 99年に少年の親が「『少年A』この子を生んで……」を出版したときは印税をすべて遺族に払い、その額は7000万円ともいわれた。手記で現在「赤マル」を吸っていることを明かしたAは、紫煙をくゆらせながら、印税の使い道をどう思案しているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る