18歳選挙権で“大混乱” 票を売る少年少女が続々逮捕の懸念も

公開日:  更新日:

 選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げる改正公選法が17日、成立した。18、19歳の未成年者約240万人が有権者に加わる見込みで、来年の参院選挙から適用される。提出者の船田元・憲法改正推進本部長は「有権者の拡大で民主主義が進展する」なんて言ったが、この改正法、若者らに大混乱を招きそうなのだ。

 最も混乱しそうなのが17歳と18歳が入り交じる「高校3年生」だ。文科省と総務省は選挙に関する基礎知識や、公選法違反の具体例を示した高校生向けの教材を急ピッチで制作中だという。その具体例が相当ややこしい。

 例えば、応援する候補の演説をスマホで撮影しネットに投稿した場合、新たに有権者になる18歳以上はセーフだが、17歳以下なら選挙運動そのものが禁じられており、公選法に抵触する可能性がある。支援する候補者のSNSでの発言をネット上で拡散させる行為も同様だ。今どきの高校生ならスマホでツイッターやフェイスブックを操るのは当たり前。知らないうちに違法行為を犯してしまうことも考えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る