18歳選挙権で“大混乱” 票を売る少年少女が続々逮捕の懸念も

公開日: 更新日:

 選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げる改正公選法が17日、成立した。18、19歳の未成年者約240万人が有権者に加わる見込みで、来年の参院選挙から適用される。提出者の船田元・憲法改正推進本部長は「有権者の拡大で民主主義が進展する」なんて言ったが、この改正法、若者らに大混乱を招きそうなのだ。

 最も混乱しそうなのが17歳と18歳が入り交じる「高校3年生」だ。文科省と総務省は選挙に関する基礎知識や、公選法違反の具体例を示した高校生向けの教材を急ピッチで制作中だという。その具体例が相当ややこしい。

 例えば、応援する候補の演説をスマホで撮影しネットに投稿した場合、新たに有権者になる18歳以上はセーフだが、17歳以下なら選挙運動そのものが禁じられており、公選法に抵触する可能性がある。支援する候補者のSNSでの発言をネット上で拡散させる行為も同様だ。今どきの高校生ならスマホでツイッターやフェイスブックを操るのは当たり前。知らないうちに違法行為を犯してしまうことも考えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  4. 4

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  5. 5

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  6. 6

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  7. 7

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  8. 8

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  9. 9

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  10. 10

    すわ“お花見解散”か 二階幹事長が「近いうちに選挙」発言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る