スポーツ庁初代長官 鈴木大地氏に白羽の矢が立つ本当の理由

公開日:  更新日:

 鈴木氏は政治の世界への色気はあるとも見られている。初代スポーツ庁長官を無事務め上げれば、その実績を武器にして、地元の千葉県から参院選か、県知事選に出馬するのではないかといわれている。

 鈴木氏は離婚と再婚を経験しているが、女性のことになるとなぜか深~く深く“バサロ”になってしまうため、90年代初めに、“バサロ愛”というヘンな言葉がワイドショーを賑わせた。政界でも“バサロ”を貫くようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る