• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

黒田指数よりも…ベーコンチーズバーガーが表す景気の実情

 日銀は、物価に関する新しい指数を今月から公表する方針を明らかにした。

「日銀が目標とする2%の物価上昇が思うように進まないのが理由でしょう。日銀のターゲットは総務省が毎月公表している消費者物価指数のコアCPI(生鮮食品を除く指数)ですが、原油をはじめとするエネルギー価格の低迷でこのところ上昇していません。そこで日銀に都合のいい指数を前面に出すことにしたのでしょう」(市場関係者)

 日銀が新たに公表するのは、「生鮮食品とエネルギーを除く指数」や、価格変動の大きい上下10%の品目をのぞいて算出する「刈込平均値」など3指数。実は、これまでも同様の指数を「金融経済月報」で示していたが、今月からは消費者物価指数の公表と同じ日に発表し、新指数のインパクトを高める作戦だ。

「総務省の指数が低迷しても、日銀独自の数値はそれなりに上昇することになるでしょう。黒田総裁には心強い新指数です」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る