日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初公判ドタキャンの「号泣県議」 密着記者を110番通報

 11月の初公判をドタキャンと、またまた騒ぎを起こした“号泣県議”こと元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49=詐欺罪などで起訴)。弁護士によると、「精神的に不安定になったため」ということだが、本当なのか。一体、どうしているのか。本紙記者は12月の平日、一日密着してみた。

 野々村は大阪市の市営団地の一室に、両親と一緒に住んでいるという。記者が野々村宅に到着したのは午前8時ごろ。しばらく様子をうかがってみたが、出入りはなし。10時半ごろにチャイムを押すが、反応なし。部屋から生活音は聞こえてくるのだが……。

 改めて昼すぎにチャイムを押したが、やはり反応なし。その後も他社の記者が、チャイムを押していったが「……」。

 そして夕方! 記者の前に突如として制服警官が現れた。野々村被告のブログには〈私に生命や心身、財産に危害が及び名誉が毀損されると私が判断した場合110番します〉と書かれている。危害を及ぼすつもりなどサラサラないのだが、どうやら110番通報されてしまったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事