初公判ドタキャンの「号泣県議」 密着記者を110番通報

公開日: 更新日:

 11月の初公判をドタキャンと、またまた騒ぎを起こした“号泣県議”こと元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49=詐欺罪などで起訴)。弁護士によると、「精神的に不安定になったため」ということだが、本当なのか。一体、どうしているのか。本紙記者は12月の平日、一日密着してみた。

 野々村は大阪市の市営団地の一室に、両親と一緒に住んでいるという。記者が野々村宅に到着したのは午前8時ごろ。しばらく様子をうかがってみたが、出入りはなし。10時半ごろにチャイムを押すが、反応なし。部屋から生活音は聞こえてくるのだが……。

 改めて昼すぎにチャイムを押したが、やはり反応なし。その後も他社の記者が、チャイムを押していったが「……」。

 そして夕方! 記者の前に突如として制服警官が現れた。野々村被告のブログには〈私に生命や心身、財産に危害が及び名誉が毀損されると私が判断した場合110番します〉と書かれている。危害を及ぼすつもりなどサラサラないのだが、どうやら110番通報されてしまったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る