日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大接戦の宜野湾市長選 自民敗北なら官邸の亀裂が加速する

 北海道5区補選の前にも安倍政権の命運を握る選挙がある。17日告示(24日投開票)の沖縄県宜野湾市長選だ。

 自民・公明が推薦する現職の佐喜真淳市長(51)に、翁長県知事ら米軍基地の辺野古移設に反対する「オール沖縄」が支援する新人、志村恵一郎氏(63)が挑む構図。首長選挙は一般的に「2期目を目指す現職が最も強い」といわれるが、一昨年の名護市長選、知事選、衆院選と自民が3連敗中なだけに、大接戦になっている。

「年末に地元紙が行った情勢調査では、両者横一線だったそうです。やはり現職の方が知名度は高いが、新人の陣営は沖縄経済界も入った『島ぐるみ会議』が積極的にPRを行っている。自民の焦りは相当のものです」(永田町関係者)

 安倍首相が茂木選対委員長の尻を叩き、自民党執行部は8日、所属議員に知り合いの紹介など協力を要請する号令をかけた。名護や県知事選の際に応援に入った小泉進次郎衆院議員の宜野湾入りも検討されているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事