金正恩は真っ青? 中国が北朝鮮への追加制裁に同意表明

公開日: 更新日:

 大ハシャギから一転、真っ青に――北朝鮮は13日、5回目の核実験成功の“祝勝会”を平壌の金日成広場で開催。朝鮮労働党の幹部らは「金正恩党委員長の指導と献身がもたらした勝利だ」と金正恩を持ち上げた。

 さらに、朝鮮中央通信は、米軍が13日にB1戦略爆撃機を韓国に派遣したことについて「わが軍はいかなる侵略行為も一撃でひねりつぶすことができる」と大威張りだ。

 だが、ここにきて一転、金正恩を顔面蒼白にさせる事態が起きた。

 これまで北朝鮮の“暴走”をかばってきた中国もさすがに堪忍袋の緒が切れたようで、王毅外相が国連安保理での北朝鮮に対する追加制裁決議採択に反対しない態度を表明したというのだ。

 韓国外務省によると、王外相は13日夜、韓国の尹炳世外相との電話会談で「北朝鮮に対して、さらに厳しい措置を取ることで、核・ミサイル開発を阻止しなければならないという点に同意する」と語ったという。

 どれだけ厳しい追加制裁決議が採択されるか、金正恩は内心、戦々恐々に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 9

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 10

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

もっと見る