日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金正男遺体が病院に逆戻り 北朝鮮とマレーシア交渉決裂で

 マレーシアで殺害された北朝鮮の金正男氏の遺体が“迷走”している。

 マレーシア当局や現地の報道によると、マレーシアと北朝鮮両政府は26日までに、北朝鮮に足止めされているマレーシア大使館員ら9人の解放と引き換えに、殺害事件の重要参考人の在マレーシア北朝鮮大使館員ら3人を出国させることで合意した。

 そのためマレーシア政府は26日、金正男の遺体を、安置されているクアラルンプール市内の病院から同市近郊の葬儀場に移送。27日に北朝鮮大使館員らと同じ飛行機でマレーシアを出発し、北京経由で平壌に向かう予定だった。しかし、最終的に協議は決裂し、金正男の遺体は元の病院に戻されたという。

 協議が不調に終わった理由としては「協議の発表方法をめぐって折り合いが付かなかった」「遺体が腐敗しているため航空会社が移送を拒否したため」といった臆測が飛び交っている。

 北朝鮮に捕らわれている“人質”と金正男の遺体などとの交換については、マレーシア国民から「弱腰だ」との批判の声が多く上がっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事