金正男遺体が病院に逆戻り 北朝鮮とマレーシア交渉決裂で

公開日:  更新日:

 マレーシアで殺害された北朝鮮の金正男氏の遺体が“迷走”している。

 マレーシア当局や現地の報道によると、マレーシアと北朝鮮両政府は26日までに、北朝鮮に足止めされているマレーシア大使館員ら9人の解放と引き換えに、殺害事件の重要参考人の在マレーシア北朝鮮大使館員ら3人を出国させることで合意した。

 そのためマレーシア政府は26日、金正男の遺体を、安置されているクアラルンプール市内の病院から同市近郊の葬儀場に移送。27日に北朝鮮大使館員らと同じ飛行機でマレーシアを出発し、北京経由で平壌に向かう予定だった。しかし、最終的に協議は決裂し、金正男の遺体は元の病院に戻されたという。

 協議が不調に終わった理由としては「協議の発表方法をめぐって折り合いが付かなかった」「遺体が腐敗しているため航空会社が移送を拒否したため」といった臆測が飛び交っている。

 北朝鮮に捕らわれている“人質”と金正男の遺体などとの交換については、マレーシア国民から「弱腰だ」との批判の声が多く上がっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る