小池知事 7・2「都議&知事ダブル選」で自民返り討ち計画

公開日:

 自民党が小池新党との全面対決に大きく舵を切った。11日、7月の都議選に向けて東京都連が開催した決起集会に安倍首相や二階幹事長、麻生副総理ら党幹部がゾロゾロ現れ、対決姿勢を打ち出した。しかし、向こうに回す相手は、あの小池都知事。返り討ちに遭うのが関の山だ。

■安倍自民党が対決姿勢に方針転換

 11日の自民党の集まりは熱気がこもっていた。都内のホテルに用意された3会場には党員など5000人以上が結集。スクリーンには〈首都決戦まであと73日〉と大きく映し出された。その後、挨拶に立った安倍首相は、“小池新党”を念頭に「急に誕生した政党に都政を支える力はない」と強調。その上で「まなじりを決して勝ち抜いていく」と声を張り上げた。首相側近の萩生田官房副長官は「当選さえできればいい輩に東京を預けるわけにはいかない」と気勢を上げ、二階幹事長は「選挙は勝たなければ意味がない」とハッパをかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る