小池知事 7・2「都議&知事ダブル選」で自民返り討ち計画

公開日: 更新日:

 自民党が小池新党との全面対決に大きく舵を切った。11日、7月の都議選に向けて東京都連が開催した決起集会に安倍首相や二階幹事長、麻生副総理ら党幹部がゾロゾロ現れ、対決姿勢を打ち出した。しかし、向こうに回す相手は、あの小池都知事。返り討ちに遭うのが関の山だ。

■安倍自民党が対決姿勢に方針転換

 11日の自民党の集まりは熱気がこもっていた。都内のホテルに用意された3会場には党員など5000人以上が結集。スクリーンには〈首都決戦まであと73日〉と大きく映し出された。その後、挨拶に立った安倍首相は、“小池新党”を念頭に「急に誕生した政党に都政を支える力はない」と強調。その上で「まなじりを決して勝ち抜いていく」と声を張り上げた。首相側近の萩生田官房副長官は「当選さえできればいい輩に東京を預けるわけにはいかない」と気勢を上げ、二階幹事長は「選挙は勝たなければ意味がない」とハッパをかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る