北朝鮮リスクどこへ 市場強気「4月中株価2万円」の根拠

公開日: 更新日:

 そろそろ飽きてきた―─。兜町で、少なからず聞かれるようになってきた「北朝鮮問題」のことだ。

「地政学リスクが過ぎ去ったわけではありません。ただ、北のミサイル報道に慣れてきた印象はあります」(株式アナリストの櫻井英明氏)

 21日、日経平均は前日比190円高の1万8620円で引けた。25日に朝鮮人民軍創建85周年が控え、北のミサイル発射も懸念されるというのに、株式市場に活気が戻っているのだ。

「兜町は米軍の本気度を探っています。空母カール・ビンソンは朝鮮半島近海に向かっていると伝わりますが、武器などを補給する補給艦の話は出てきません。市場の見立ては、“米軍は本気ではない。当分、仕掛けないだろう”です」(経済評論家の杉村富生氏)

■海外勢は16年連続で買い越し

 こうなると、市場は一気に強気に転じる。日経平均は「4月中」に1万9000円を超え、2万円をうかがうという見方が浮上してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  3. 3

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  4. 4

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  5. 5

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  8. 8

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  9. 9

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る