負債総額1兆円超…「タカタ」が日米で民事再生法申請へ

公開日:  更新日:

 欠陥エアバッグの大規模リコールで経営が悪化した自動車部品大手タカタが、早ければ月内にも民事再生法の適用を東京地裁に申請することを検討している。

 負債総額は1兆円を超え、製造業の倒産としては戦後最大となる見通しだ。米国子会社のTKホールディングスも日本の民事再生法にあたる米連邦破産法11条の適用を申請する方針で、日米両国で再生手続きを開始する。

 再建支援のスポンサー企業は米自動車部品大手キー・セイフティー・システムズ(KSS)で、2000億円規模の出資を行うとみられる。

 タカタの負債総額は2017年3月末時点で3978億円だが、世界で1億個に上るとされるリコール費用を含めると、実質的な負債総額は1兆円を超え、製造業で戦後最大の倒産だったパナソニックプラズマディスプレイの負債総額5000億円を大きく上回る。

 欠陥エアバッグの異常破裂による死者は、米国だけで11人、負傷者は少なくとも184人。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る