負債総額1兆円超…「タカタ」が日米で民事再生法申請へ

公開日: 更新日:

 欠陥エアバッグの大規模リコールで経営が悪化した自動車部品大手タカタが、早ければ月内にも民事再生法の適用を東京地裁に申請することを検討している。

 負債総額は1兆円を超え、製造業の倒産としては戦後最大となる見通しだ。米国子会社のTKホールディングスも日本の民事再生法にあたる米連邦破産法11条の適用を申請する方針で、日米両国で再生手続きを開始する。

 再建支援のスポンサー企業は米自動車部品大手キー・セイフティー・システムズ(KSS)で、2000億円規模の出資を行うとみられる。

 タカタの負債総額は2017年3月末時点で3978億円だが、世界で1億個に上るとされるリコール費用を含めると、実質的な負債総額は1兆円を超え、製造業で戦後最大の倒産だったパナソニックプラズマディスプレイの負債総額5000億円を大きく上回る。

 欠陥エアバッグの異常破裂による死者は、米国だけで11人、負傷者は少なくとも184人。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る