負債総額1兆円超…「タカタ」が日米で民事再生法申請へ

公開日:  更新日:

 欠陥エアバッグの大規模リコールで経営が悪化した自動車部品大手タカタが、早ければ月内にも民事再生法の適用を東京地裁に申請することを検討している。

 負債総額は1兆円を超え、製造業の倒産としては戦後最大となる見通しだ。米国子会社のTKホールディングスも日本の民事再生法にあたる米連邦破産法11条の適用を申請する方針で、日米両国で再生手続きを開始する。

 再建支援のスポンサー企業は米自動車部品大手キー・セイフティー・システムズ(KSS)で、2000億円規模の出資を行うとみられる。

 タカタの負債総額は2017年3月末時点で3978億円だが、世界で1億個に上るとされるリコール費用を含めると、実質的な負債総額は1兆円を超え、製造業で戦後最大の倒産だったパナソニックプラズマディスプレイの負債総額5000億円を大きく上回る。

 欠陥エアバッグの異常破裂による死者は、米国だけで11人、負傷者は少なくとも184人。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る