“森友小”工事費を1.5倍増で偽装 寄付金2億円に虚偽証言も

公開日:

 森友学園の小学校建設をめぐる補助金詐欺事件の手口が明るみになってきた。国交省に提出された建築費約23億円の契約書は、当初の契約金額の各費目をほぼ一律1.5倍に増額して作られた疑いが浮上している。

 詐欺容疑で逮捕された前理事長の籠池泰典容疑者(64)と妻諄子容疑者(60)は金額の異なる3通りの契約書を作成(いずれも2015年12月3日付)。当初は約15億円で契約したが、16年1~2月に国交省の補助金申請のため約23億円とした契約書を作り、補助金5644万円をだまし取った疑いを持たれている。

 作成には校舎の設計、建設会社も関与。校舎や体育館の工事費などの費目の大半の金額を一律1.5倍させた書類を設計会社が作り、それを受け取った建設会社が自社書式で入力し直したようだ。

 一方、小学校の設置認可申請に絡み、大阪府に虚偽の寄付収入見込みを提出した疑惑も持ち上がった。14年の認可申請の際は建設に充てる基本金の積み立てが全くない状態。財務に問題を抱えていて寄付収入で賄うと説明していたが、関係者によると、提出書類を捏造した疑いがあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る