“森友小”工事費を1.5倍増で偽装 寄付金2億円に虚偽証言も

公開日: 更新日:

 森友学園の小学校建設をめぐる補助金詐欺事件の手口が明るみになってきた。国交省に提出された建築費約23億円の契約書は、当初の契約金額の各費目をほぼ一律1.5倍に増額して作られた疑いが浮上している。

 詐欺容疑で逮捕された前理事長の籠池泰典容疑者(64)と妻諄子容疑者(60)は金額の異なる3通りの契約書を作成(いずれも2015年12月3日付)。当初は約15億円で契約したが、16年1~2月に国交省の補助金申請のため約23億円とした契約書を作り、補助金5644万円をだまし取った疑いを持たれている。

 作成には校舎の設計、建設会社も関与。校舎や体育館の工事費などの費目の大半の金額を一律1.5倍させた書類を設計会社が作り、それを受け取った建設会社が自社書式で入力し直したようだ。

 一方、小学校の設置認可申請に絡み、大阪府に虚偽の寄付収入見込みを提出した疑惑も持ち上がった。14年の認可申請の際は建設に充てる基本金の積み立てが全くない状態。財務に問題を抱えていて寄付収入で賄うと説明していたが、関係者によると、提出書類を捏造した疑いがあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る