米朝対話への仲介役 カーター元大統領の電撃訪朝あるか?

公開日:

 北朝鮮のミサイル発射予告をめぐり、トランプ大統領と金正恩委員長との間で激しい応酬が続いている。対話による解決が望まれるが、両者ともこぶしを振り上げた手前、タダで下ろすわけにもいかない。そこで必要なのが、流れを変えられる「仲介者」である。

 過去にも、米朝の緊張が頂点に達したことがある。1994年には、北の核開発疑惑により米国内で「北爆撃やむなし」との主戦論が強まる中、ジミー・カーター元大統領が特使として訪朝。一触即発のにらみ合いを一気に対話路線へと変え、核開発凍結と査察受け入れの米朝枠組み合意につながった。

 今回もそんな仲介役はいないのか。元韓国海軍少佐で拓殖大研究員の高永テツ氏はこう言う。

「中国の習近平国家主席はすでに調整にあたっている当事者なので、新しい仲介役にはならない。欧州各国は北とのパイプを持っていますが、独・メルケル、英・メイ、仏・マクロンら首脳は左派政権ではなく、北の扱いは不得手です。北の目的は米国との対話。仲介役は米国の元大統領クラスが望ましい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る