• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米朝対話への仲介役 カーター元大統領の電撃訪朝あるか?

 北朝鮮のミサイル発射予告をめぐり、トランプ大統領と金正恩委員長との間で激しい応酬が続いている。対話による解決が望まれるが、両者ともこぶしを振り上げた手前、タダで下ろすわけにもいかない。そこで必要なのが、流れを変えられる「仲介者」である。

 過去にも、米朝の緊張が頂点に達したことがある。1994年には、北の核開発疑惑により米国内で「北爆撃やむなし」との主戦論が強まる中、ジミー・カーター元大統領が特使として訪朝。一触即発のにらみ合いを一気に対話路線へと変え、核開発凍結と査察受け入れの米朝枠組み合意につながった。

 今回もそんな仲介役はいないのか。元韓国海軍少佐で拓殖大研究員の高永テツ氏はこう言う。

「中国の習近平国家主席はすでに調整にあたっている当事者なので、新しい仲介役にはならない。欧州各国は北とのパイプを持っていますが、独・メルケル、英・メイ、仏・マクロンら首脳は左派政権ではなく、北の扱いは不得手です。北の目的は米国との対話。仲介役は米国の元大統領クラスが望ましい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る