トランプ相場崩壊寸前…日本企業21社が暴落危機で真っ青

公開日:

 トランプ大統領の最側近といわれるバノン首席戦略官兼上級顧問の解任劇は、兜町を震撼させている。

「影の大統領とも呼ばれたバノン氏が政権を去ると、トランプ大統領の掲げる“アメリカ・ファースト”は危うくなります。株式マーケットの流れが激変するかもしれません」(株式アナリストの黒岩泰氏)

 トランプの当選が決まった昨年11月上旬、日経平均は1万7000円前後だった。その後、トランプは米国での大規模インフラ投資など、市場を刺激する政策を次々と発表。市場は歓迎ムードとなり、トランプ相場が出現した。日経平均は5月に2万円を突破し、トランプ以前より約3000円の上昇を記録した。

「市場がトランプ政権の崩壊を予感しだすと、一気に逆回転するかもしれません。トランプ相場を牽引してきた企業の株はモーレツに売られる危険性があります」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る