自民支持者も取り込み 辻元清美氏が“三つ巴の戦い”を制す

公開日: 更新日:

「立憲民主党を立ち上げての選挙だったので、不安な気持ちもあった」

 選挙戦序盤はそう語っていた大阪10区の辻元清美氏(57=立憲民主)だが、日を追うごとに手応えを感じた。

 維新の松浪健太氏(46)とはこれまで4度戦い、2勝2敗。前回から自民の大隈和英氏(48)が加わり、三つ巴の戦いを辻元氏が制した。そして今回、希望の踏み絵を拒否し、いったんは無所属での出馬を決意したが、直前になって立憲へ。自民、維新、立憲の3極が争う注目の選挙区になり、自民は安倍首相も現地入りするほどの力の入れようだった。が、ふたを開けてみれば、辻元氏が2人を寄せつけず、完勝。

「前回も獲得した6万票余のうち、比例で民進に入れたのは3分の1ぐらい。自民支持者でも辻元氏に投票するほど“辻元党”みたいなところがあった。それに加え、今回は辻元氏に対する同情票と、ブレない姿勢が圧倒的な支持につながった」(事務所関係者)

 辻元氏は「政治は戦争をさせないためにあるという訴えに多くの輪が広がった」と、立憲での選挙戦を振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  6. 6

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  7. 7

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

  8. 8

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る