自民支持者も取り込み 辻元清美氏が“三つ巴の戦い”を制す

公開日:  更新日:

「立憲民主党を立ち上げての選挙だったので、不安な気持ちもあった」

 選挙戦序盤はそう語っていた大阪10区の辻元清美氏(57=立憲民主)だが、日を追うごとに手応えを感じた。

 維新の松浪健太氏(46)とはこれまで4度戦い、2勝2敗。前回から自民の大隈和英氏(48)が加わり、三つ巴の戦いを辻元氏が制した。そして今回、希望の踏み絵を拒否し、いったんは無所属での出馬を決意したが、直前になって立憲へ。自民、維新、立憲の3極が争う注目の選挙区になり、自民は安倍首相も現地入りするほどの力の入れようだった。が、ふたを開けてみれば、辻元氏が2人を寄せつけず、完勝。

「前回も獲得した6万票余のうち、比例で民進に入れたのは3分の1ぐらい。自民支持者でも辻元氏に投票するほど“辻元党”みたいなところがあった。それに加え、今回は辻元氏に対する同情票と、ブレない姿勢が圧倒的な支持につながった」(事務所関係者)

 辻元氏は「政治は戦争をさせないためにあるという訴えに多くの輪が広がった」と、立憲での選挙戦を振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る