自民支持者も取り込み 辻元清美氏が“三つ巴の戦い”を制す

公開日:  更新日:

「立憲民主党を立ち上げての選挙だったので、不安な気持ちもあった」

 選挙戦序盤はそう語っていた大阪10区の辻元清美氏(57=立憲民主)だが、日を追うごとに手応えを感じた。

 維新の松浪健太氏(46)とはこれまで4度戦い、2勝2敗。前回から自民の大隈和英氏(48)が加わり、三つ巴の戦いを辻元氏が制した。そして今回、希望の踏み絵を拒否し、いったんは無所属での出馬を決意したが、直前になって立憲へ。自民、維新、立憲の3極が争う注目の選挙区になり、自民は安倍首相も現地入りするほどの力の入れようだった。が、ふたを開けてみれば、辻元氏が2人を寄せつけず、完勝。

「前回も獲得した6万票余のうち、比例で民進に入れたのは3分の1ぐらい。自民支持者でも辻元氏に投票するほど“辻元党”みたいなところがあった。それに加え、今回は辻元氏に対する同情票と、ブレない姿勢が圧倒的な支持につながった」(事務所関係者)

 辻元氏は「政治は戦争をさせないためにあるという訴えに多くの輪が広がった」と、立憲での選挙戦を振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る