ファンケル 島田和幸社長<4>親子3代で使う根強いファンも

公開日: 更新日:

 ファンケルは今、広告に力を入れている。商品を売るための広告だけではなく、企業の本質を知らせる広告にも注力している。そして、世の中の流れを見ながら、ネット広告に軸足を置き始めた。

「これまでカタログを毎月70万から80万部、顧客の皆さまへ送ってきました。ただ、皆さん、だんだん紙を見なくなって……。また、お客さまも20代から80代までいらっしゃる。そうすると同じ一冊では無理があるんです。そこで、若い方にはネット中心で情報をご提供する。カタログを見て電話でご注文いただくという形から、よりネットを中心に回していくように変えていかないといけないのではと考えているところです。商品面でいうと、今、好評なのが60代以降の女性のための化粧品『ビューティブーケ』。これまでのファンケル化粧品とは、年代でいうと、30代後半から40代、50代だったのですが、長く使い続けているうちにお年を召されてきたわけです。すると、これまでと同じものではちょっと物足りないし、また、化粧のやり方もだんだんシンプルにしていきたいとも考えていらっしゃる。そういうニーズのために開発した『ビューティブーケ』が思った以上に好調です。なんといっても、当社には、おばあちゃん、お母さん、娘さんと3代にわたって、無添加化粧品を使ってきたという根強いファンがいます。いちばんありがたいのは、そうした方々です。私たちはお客さまに尊敬の念を持ち、つねに向かい合っていかなくてはいけない。そういう会社です、当社は」 (おわり)

(ノンフィクション作家・野地秩嘉)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る