儲からないのに続々 大手企業はなぜ異業種に参入するのか

公開日:

 楽天が携帯電話事業に参入し、ファミリーマートはフィットネスジムを出店する。大手企業による異業種への参入が相次いでいるが、本業の重心が移動するほどの業績を期待できるケースは少ない。そもそも、どこまで儲けようと考えているのか疑わしい事業も見受けられる。

 ビジネスアナリストの中川美紀氏は、「富士フイルムは異業種参入を第2の創業につなげましたが、ほとんどの大企業は本腰を入れて新規事業に取り組んでいるわけではありません。新しい分野に資金と人材を投入して数億円の利益を上げるよりも、スケールメリットを生かして全国の営業所や工場でコストダウンをした方が、何倍ものリターンを見込める場合もあります。そもそも新規事業を成功させること自体が難しく、数字だけを考えると、割に合わないことも少なくないのです」と指摘する。

 それなら、なぜ、多くの企業が異業種への参入をやめないのか。その理由は2つあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る