• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

円高で大誤算…これから始まる「業績下方修正ラッシュ」

 輸出企業の業績に暗雲が垂れ込めてきた。2018年3月期決算の第4四半期(18年1~3月期)の為替レートが、企業側の想定から大幅に円高にズレてきているのだ。

 東京商工リサーチが8日発表したリポートによれば、東証1部、2部に上場する主要メーカー65社のうち、第4四半期の想定レートを110円と想定している企業が35社で半数を超えているという。111円は8社、108円は6社で、105円が11社だった。

 実際の為替レートは、2月上旬に109円台の円高になって以降、1カ月以上110円に乗せることはなく、ここ最近は106円前後だ。つまり、8割以上の企業が想定より円高での経営を余儀なくされているということになる。

「65社というのは、想定レートが判明したところだけで、大企業は、ほとんどが同様の傾向です。ここまでの円高は完全な見込み違いですから、期末決算への影響は避けられないでしょう。当然、来期(2019年3月期)の業績見通しも厳しめにせざるを得なくなると思います」(東京商工リサーチ情報本部・関雅史氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る