円高で大誤算…これから始まる「業績下方修正ラッシュ」

公開日:

 輸出企業の業績に暗雲が垂れ込めてきた。2018年3月期決算の第4四半期(18年1~3月期)の為替レートが、企業側の想定から大幅に円高にズレてきているのだ。

 東京商工リサーチが8日発表したリポートによれば、東証1部、2部に上場する主要メーカー65社のうち、第4四半期の想定レートを110円と想定している企業が35社で半数を超えているという。111円は8社、108円は6社で、105円が11社だった。

 実際の為替レートは、2月上旬に109円台の円高になって以降、1カ月以上110円に乗せることはなく、ここ最近は106円前後だ。つまり、8割以上の企業が想定より円高での経営を余儀なくされているということになる。

「65社というのは、想定レートが判明したところだけで、大企業は、ほとんどが同様の傾向です。ここまでの円高は完全な見込み違いですから、期末決算への影響は避けられないでしょう。当然、来期(2019年3月期)の業績見通しも厳しめにせざるを得なくなると思います」(東京商工リサーチ情報本部・関雅史氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る