• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

伊勢丹松戸が43年の歴史に幕 地方の百貨店に再生の糸口は

 伊勢丹松戸店が21日、閉店した。松戸市に残る最後の百貨店の閉店には、冷たい雨の中、別れを惜しむ多くの買い物客が殺到。ピーク時の1996年度の売り上げ336億円が、昨年度は181億円まで減少していた。近年、地方・郊外の百貨店は閉店が相次いでいるが、どうにかならないのか。

 昨年は、西武八尾店、同筑波店、三越多摩センター店、同千葉店など8店舗の地方・郊外の百貨店が閉店。今年に入っても、伊勢丹松戸店のほか、十字屋山形店、西武船橋店、ヤマトヤシキ姫路店が閉店し、6月末には名古屋の丸栄も閉める予定だ。

「地方は車社会なので、駅前の百貨店より、駅から離れていても、何でもある大型ショッピングモールに客が流れてしまう。また、都心の百貨店なら高級感を求める訪日外国人でにぎわいますが、地方ではそうもいかない。学生が集まらない地方の大学が都心に回帰するように、百貨店も地方を閉じて、都心を充実させる傾向にあります」(デパート業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事