伊勢丹松戸が43年の歴史に幕 地方の百貨店に再生の糸口は

公開日:

 伊勢丹松戸店が21日、閉店した。松戸市に残る最後の百貨店の閉店には、冷たい雨の中、別れを惜しむ多くの買い物客が殺到。ピーク時の1996年度の売り上げ336億円が、昨年度は181億円まで減少していた。近年、地方・郊外の百貨店は閉店が相次いでいるが、どうにかならないのか。

 昨年は、西武八尾店、同筑波店、三越多摩センター店、同千葉店など8店舗の地方・郊外の百貨店が閉店。今年に入っても、伊勢丹松戸店のほか、十字屋山形店、西武船橋店、ヤマトヤシキ姫路店が閉店し、6月末には名古屋の丸栄も閉める予定だ。

「地方は車社会なので、駅前の百貨店より、駅から離れていても、何でもある大型ショッピングモールに客が流れてしまう。また、都心の百貨店なら高級感を求める訪日外国人でにぎわいますが、地方ではそうもいかない。学生が集まらない地方の大学が都心に回帰するように、百貨店も地方を閉じて、都心を充実させる傾向にあります」(デパート業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る