• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米朝会談でトランプ骨抜き 恐るべし金正恩“ジジ殺し”テク

 金正恩委員長は叔父を迫撃砲で処刑し、腹違いの兄を毒殺した疑いのある残忍な独裁者だ。ところが、南北首脳会談では文在寅大統領を手玉に取り、中朝首脳会談では関係が悪化していた習近平国家主席と和解。これまでのトップ会談を振り返ると、恐るべきジジ殺しぶりを発揮している。明大講師の関修氏(心理学)は言う。

「長幼の序を重んじる朝鮮半島文化の影響があるのかもしれませんが、金正恩委員長が親子ほど離れたトランプ大統領に対して控えめに接したのは奏功したと言えます。どんな時でも威張りたがるトランプ大統領の心をくすぐった。相手の目を見つめながらニコニコとうなずく姿も警戒心を緩ませる。金正恩委員長は男兄弟の中では末っ子だといいますから、甘え上手な一面もあるのでしょう。非常に非常にシタタカな人物です」

 もっとも、トランプ大統領も百戦錬磨のビジネスマンだ。メリットがなければテコでも動かない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る