兜町で話題騒然 米GSのW杯予想は“日本のベスト16進出35%”

公開日: 更新日:

 サッカーのW杯ロシア大会が14日(日本時間15日午前0時)開幕した。約1カ月間にわたって熱戦が繰り広げられるが、株式市場も盛り上がっている。

「米ゴールドマン・サックス証券(GS)がW杯のリポートを出しています。投資家向けの情報というより、金融関係者が楽しめる内容になっていて、ベスト16進出や優勝の確率をはじいてます。優勝はブラジル、準優勝はドイツとの予想です」(市場関係者)

 W杯開催中は、世界中の金融トレーダーが試合に夢中になり、相場の取引量が細るといわれる。

「一方で、W杯が材料視され、関連銘柄の動きは活発になります。日本の初戦は19日。その勝敗が市場ムードを左右するといっていいでしょう」(IMSアセットマネジメント代表の清水秀和氏)

 日本がW杯初出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」(1997年11月)の翌日、日経平均は約1200円上昇した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  5. 5

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  9. 9

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

  10. 10

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

もっと見る