セコム<下>カリスマ「飯田亮氏からの脱皮」が最大の課題

公開日:

 セコムは創業者である飯田亮氏(現・最高顧問)を抜きにして語れない企業である。その存在感の大きさは、次の発言が象徴している。

「セコムでは、『頭越しに指示を出してもいい』としています。そして、違う指示が出た場合は、上位者の指示に従うことと決めてあります。頭越しの指示を許容していたのはセコムがベンチャーだったから。若い組織でないと、そうしたことはできません。普通の企業なら、中間管理職が『オレはそんな指示は聞いてないぞ』とぐちゃぐちゃ言ってくるに違いない。政府の会議で座長をやっていたとき、官僚組織は絶対に頭越しの指示をしないことに気づきました。組織が老いているからです」

 パナソニックの松下幸之助氏、ホンダの本田宗一郎氏、京セラの稲盛和夫氏ら、強いリーダーシップを発揮したカリスマ経営者は皆、同様のマネジメントスタイルだった。しかし、時代は変わり、従業員も変わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る