セコム<下>カリスマ「飯田亮氏からの脱皮」が最大の課題

公開日:

 セコムは創業者である飯田亮氏(現・最高顧問)を抜きにして語れない企業である。その存在感の大きさは、次の発言が象徴している。

「セコムでは、『頭越しに指示を出してもいい』としています。そして、違う指示が出た場合は、上位者の指示に従うことと決めてあります。頭越しの指示を許容していたのはセコムがベンチャーだったから。若い組織でないと、そうしたことはできません。普通の企業なら、中間管理職が『オレはそんな指示は聞いてないぞ』とぐちゃぐちゃ言ってくるに違いない。政府の会議で座長をやっていたとき、官僚組織は絶対に頭越しの指示をしないことに気づきました。組織が老いているからです」

 パナソニックの松下幸之助氏、ホンダの本田宗一郎氏、京セラの稲盛和夫氏ら、強いリーダーシップを発揮したカリスマ経営者は皆、同様のマネジメントスタイルだった。しかし、時代は変わり、従業員も変わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る