日本理化学工業・大山隆久社長<4>「キットパス」を世界へ

公開日:

 日本理化学工業では、チョーク製造のほかに、いくつかの下請け作業を請け負っていた。 

 しかし、工賃をカットされるなど親事業者の都合に振り回されやすいことを、過去の経験から身に染みて感じていた。

 会社の将来のためには、チョークに続く自社製品がぜひとも必要だと、同社では早いうちから商品開発に取り組んでいた。

 2005年、環境固形マーカー「キットパス」の販売が始まる。見た目はクレヨンのようだが、ガラスやホワイトボードなどツルツルした平滑面で書けて、濡れた布で消すことができるという新しい筆記具だ。

 ホワイトボードマーカーのような独特の揮発臭もなく、最後まで鮮明に書くことができ、水で溶かせば水彩絵の具としても使えるという優れものだ。しかも、口紅に使われているパラフィンを原料としているため、環境にも優しいという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る