日本理化学工業・大山隆久社長<4>「キットパス」を世界へ

公開日: 更新日:

 日本理化学工業では、チョーク製造のほかに、いくつかの下請け作業を請け負っていた。 

 しかし、工賃をカットされるなど親事業者の都合に振り回されやすいことを、過去の経験から身に染みて感じていた。

 会社の将来のためには、チョークに続く自社製品がぜひとも必要だと、同社では早いうちから商品開発に取り組んでいた。

 2005年、環境固形マーカー「キットパス」の販売が始まる。見た目はクレヨンのようだが、ガラスやホワイトボードなどツルツルした平滑面で書けて、濡れた布で消すことができるという新しい筆記具だ。

 ホワイトボードマーカーのような独特の揮発臭もなく、最後まで鮮明に書くことができ、水で溶かせば水彩絵の具としても使えるという優れものだ。しかも、口紅に使われているパラフィンを原料としているため、環境にも優しいという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る