• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト。

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

シェアハウスの不正融資で揺れる 「スルガ銀行」の行く末

 シェアハウスのオーナー向け融資で不正が発覚したスルガ銀行の行く末が、金融界で話題になっている。女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズの破産で露呈したスルガ銀行の不正融資は、オーナーが自殺したり、自己破産に追い込まれたりするなど、底なしの様相を呈している。

 6月28日に同行本店のある沼津市で開かれた株主総会は3時間20分に及び、被害を受けたオーナーなど約400人の株主が出席、怒号が飛び交う中、退場者が出るなど大荒れとなった。

 事態を重く見た金融庁は急きょ4月から立ち入り検査に入っているが、収束する気配はない。

「大幅な幹部人事が予定されている金融庁が、6月末の事務年度をまたいで検査を継続するのは異例」(地銀幹部)

 検査の結果いかんでは、業務停止を含む厳しい処分が下される可能性がある。そのXデーはいつか、金融庁関係者によると、「弁護士などから成る第三者委員会が調査に入っており、8月中には結果がまとまる見通しとなっている。それを受けて金融庁の行政処分も出されるのではないか」とみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る