梅雨明け早く盛り上がり必至 意外な「猛暑関連銘柄」18社

公開日:

 今年は、関東甲信地方が1951年の統計開始以来初めて、6月に梅雨明けするなど、早くから暑い。こういう夏は、猛暑関連銘柄が盛り上がるが、エアコン、ビール、塩アメなどは誰もが思いつく。そこで、意外な夏銘柄を物色してみた。

 家計簿サービスの「Zaim」の調査によると、大幸薬品の正露丸は7、8月が支出のピーク。

「確かに、毎年、夏が一番よく売れますね。ビールや冷たいものを取り過ぎたり、エアコンでお腹を冷やしたりするのが要因とみています」(大幸薬品広報担当者)

 他にも「強力わかもと」のわかもと製薬や、「大正漢方胃腸薬」の大正製薬HDなど胃腸薬関連は期待が持てる。

 フジッコの塩こんぶも6~8月が最も売れる時期だ(フジッコ調べ)。夏のマラソンなどスポーツ時の塩分補給で重宝されているからだ。塩アメはなかなか溶けないし、ガムは口に残る。スポーツドリンクは糖分も摂取してしまう。塩こんぶなら、数回噛めばゴックンでき塩分だけを補給できる。また、ダスキンが運営するミスタードーナツは、8月下旬まで「塩ドーナツ」を販売している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る