• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

梅雨明け早く盛り上がり必至 意外な「猛暑関連銘柄」18社

 今年は、関東甲信地方が1951年の統計開始以来初めて、6月に梅雨明けするなど、早くから暑い。こういう夏は、猛暑関連銘柄が盛り上がるが、エアコン、ビール、塩アメなどは誰もが思いつく。そこで、意外な夏銘柄を物色してみた。

 家計簿サービスの「Zaim」の調査によると、大幸薬品の正露丸は7、8月が支出のピーク。

「確かに、毎年、夏が一番よく売れますね。ビールや冷たいものを取り過ぎたり、エアコンでお腹を冷やしたりするのが要因とみています」(大幸薬品広報担当者)

 他にも「強力わかもと」のわかもと製薬や、「大正漢方胃腸薬」の大正製薬HDなど胃腸薬関連は期待が持てる。

 フジッコの塩こんぶも6~8月が最も売れる時期だ(フジッコ調べ)。夏のマラソンなどスポーツ時の塩分補給で重宝されているからだ。塩アメはなかなか溶けないし、ガムは口に残る。スポーツドリンクは糖分も摂取してしまう。塩こんぶなら、数回噛めばゴックンでき塩分だけを補給できる。また、ダスキンが運営するミスタードーナツは、8月下旬まで「塩ドーナツ」を販売している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る