• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
櫻井英明
著者のコラム一覧
櫻井英明株式アナリスト

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。1980年明治大学卒業。日興証券で機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て現職。主な著書に「いよいよ来るぞ!! ゆうちょ相場でイヤというほど儲けたければ株を買いなさい」(アスカビジネス)など。

総合不動産業「ラ・アトレ」が目指す“魅力ある街づくり”

 ラ・アトレ(8885)に注目する。総合不動産業で、「脱・特化戦略」を掲げている。新築、再生不動産販売事業、ソリューション事業などを手がけ、「魅力ある街づくり」が事業テーマだ。

 新築分譲マンション販売、成長ドライバーとなる収益不動産開発である都心型店舗開発、次世代型クリエーティブマンションなどを展開。活況な中古マンションマーケットを背景に従来のプレミアムリノベーションマンションの戸別販売に加え1戸2億円を超える好立地物件の取り扱いを開始した。

 不動産管理事業では、緩和ケア・在宅ホスピス特化型の高齢者住宅施設を追加取得。保有していた住居用マンションの売却など保有資産のポートフォリオ入れ替えも進めている。海外ではカンボジアでコンドミニアムを販売開始。申し込みは想定以上に早いという。

 脇田栄一社長は、「他業種提携で新たな化学反応を起こす努力が必要。皆に事業性が見えているところに商売はない」と言い、さらに「有事の時の資金調達が重要だ。外部環境がネガティブになったときこそ伸びるチャンスだからだ。だから調達金融機関を増やしている。少数精鋭でパーヘッド(1人当たり売上高)を上げることも重要。2020年12月期には経常利益12.2億円(18年12月期は8億円の見込み)というのが中計の数字。パーヘッドは3000万円を目指したい」と続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る