• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

役員報酬も格差の時代に 同業界でも企業間の明暗ハッキリ

 東京商工リサーチが公表した2018年3月期の「役員報酬1億円以上開示企業」調査。本紙(7月5日付)はすでに役員と従業員給与の格差拡大を指摘したが、さらに、今期の上場企業の決算では、社員間の給与格差が拡大するだけではなく、業界の中でも企業の間に格差が広がっていることが明らかになった。

 例えば大手商社では、1億円以上の役員報酬をもらう役員が三菱商事では昨年の5人から8人に増え、三井物産も5人から8人に増えた。一方、伊藤忠商事は昨年の11人から5人に減っている。東京商工リサーチ・友田信男常務が言う。

「資源を得意とする三菱商事と三井物産は、資源価格の回復で業績を上げ、役員報酬の増額につながりました。伊藤忠商事はもともと繊維、食品など非資源がビジネスの中心のため消費の伸び悩みが収益を減らした。大手商社はこの1年、取扱品目により明暗が分かれました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る