• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

役員報酬も格差の時代に 同業界でも企業間の明暗ハッキリ

 東京商工リサーチが公表した2018年3月期の「役員報酬1億円以上開示企業」調査。本紙(7月5日付)はすでに役員と従業員給与の格差拡大を指摘したが、さらに、今期の上場企業の決算では、社員間の給与格差が拡大するだけではなく、業界の中でも企業の間に格差が広がっていることが明らかになった。

 例えば大手商社では、1億円以上の役員報酬をもらう役員が三菱商事では昨年の5人から8人に増え、三井物産も5人から8人に増えた。一方、伊藤忠商事は昨年の11人から5人に減っている。東京商工リサーチ・友田信男常務が言う。

「資源を得意とする三菱商事と三井物産は、資源価格の回復で業績を上げ、役員報酬の増額につながりました。伊藤忠商事はもともと繊維、食品など非資源がビジネスの中心のため消費の伸び悩みが収益を減らした。大手商社はこの1年、取扱品目により明暗が分かれました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る