役員報酬も格差の時代に 同業界でも企業間の明暗ハッキリ

公開日:

 東京商工リサーチが公表した2018年3月期の「役員報酬1億円以上開示企業」調査。本紙(7月5日付)はすでに役員と従業員給与の格差拡大を指摘したが、さらに、今期の上場企業の決算では、社員間の給与格差が拡大するだけではなく、業界の中でも企業の間に格差が広がっていることが明らかになった。

 例えば大手商社では、1億円以上の役員報酬をもらう役員が三菱商事では昨年の5人から8人に増え、三井物産も5人から8人に増えた。一方、伊藤忠商事は昨年の11人から5人に減っている。東京商工リサーチ・友田信男常務が言う。

「資源を得意とする三菱商事と三井物産は、資源価格の回復で業績を上げ、役員報酬の増額につながりました。伊藤忠商事はもともと繊維、食品など非資源がビジネスの中心のため消費の伸び悩みが収益を減らした。大手商社はこの1年、取扱品目により明暗が分かれました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る