役員報酬も格差の時代に 同業界でも企業間の明暗ハッキリ

公開日: 更新日:

 東京商工リサーチが公表した2018年3月期の「役員報酬1億円以上開示企業」調査。本紙(7月5日付)はすでに役員と従業員給与の格差拡大を指摘したが、さらに、今期の上場企業の決算では、社員間の給与格差が拡大するだけではなく、業界の中でも企業の間に格差が広がっていることが明らかになった。

 例えば大手商社では、1億円以上の役員報酬をもらう役員が三菱商事では昨年の5人から8人に増え、三井物産も5人から8人に増えた。一方、伊藤忠商事は昨年の11人から5人に減っている。東京商工リサーチ・友田信男常務が言う。

「資源を得意とする三菱商事と三井物産は、資源価格の回復で業績を上げ、役員報酬の増額につながりました。伊藤忠商事はもともと繊維、食品など非資源がビジネスの中心のため消費の伸び悩みが収益を減らした。大手商社はこの1年、取扱品目により明暗が分かれました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る