• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

塩水港製糖・久野修慈会長<6>白洲次郎氏の“お守り役”に

 経営改革のために大洋漁業に招聘された白洲次郎氏の秘書候補としてリストアップされたのは5人。その中に団交で社長退任を迫った久野氏の名前があったのは、中部謙吉社長自身が指示したからだ。イエスマンに囲まれる中部社長に、鮮烈な印象を与えたのは間違いなかった。

 白洲氏は5人の“人となり”をしっかり見極めたうえで久野氏を選んだ。社長に噛みつくような男なら、自分の進めようとする改革についてこられると思ったのである。創業家やその取り巻きに忖度するような腰ギンチャクはかえって邪魔になるだけだった。

 一方、久野氏は白洲氏をどう見ていたのか。

「当初はあまり好印象は持っていなかった。将来の社長含みという話も聞いていたので、そんなために自分が使われるのは“まっぴら”という気持ちもあったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る