塩水港製糖・久野修慈会長<6>白洲次郎氏の“お守り役”に

公開日:

 経営改革のために大洋漁業に招聘された白洲次郎氏の秘書候補としてリストアップされたのは5人。その中に団交で社長退任を迫った久野氏の名前があったのは、中部謙吉社長自身が指示したからだ。イエスマンに囲まれる中部社長に、鮮烈な印象を与えたのは間違いなかった。

 白洲氏は5人の“人となり”をしっかり見極めたうえで久野氏を選んだ。社長に噛みつくような男なら、自分の進めようとする改革についてこられると思ったのである。創業家やその取り巻きに忖度するような腰ギンチャクはかえって邪魔になるだけだった。

 一方、久野氏は白洲氏をどう見ていたのか。

「当初はあまり好印象は持っていなかった。将来の社長含みという話も聞いていたので、そんなために自分が使われるのは“まっぴら”という気持ちもあったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る