• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リラ急落で市場震撼…なぜか底値続く「金」買うべきか否か

 買い時なのか?――。

 トルコ通貨リラの急落に世界が揺さぶられている。意外なのは、リスクに強い安全資産である金の価格が下落していることだ。田中貴金属工業によると、13日の金の税込み小売価格は1グラム=4706円。過去1年間での最安値を更新し続けている。

 一方で金の代替通貨ともいえるドルは、高値が続いている。13日にはリラに対して1ドル=7リラと過去最高値を更新。やはり、いま金は底値なのか、それとも米ドルに投資した方がいいのか。

 元スイス銀行ディーラーでマーケットアナリストの豊島逸夫氏はこう言う。

「金の価格が上がらないのは、安全資産としてのドルの人気が急上昇しているからです。トランプ政権が虚勢を張る11月の中間選挙までは金は上がらないと思います。ただ来年はむちゃな経済政策のツケを払う危ない年になるでしょうね。いずれ金は値上がりしていくでしょう。長期投資の観点から、居酒屋に寄ったくらいの軽い気持ちで、毎月4000~5000円を積み立てていく買い方がオススメです」

 ドルにしろ、金にしろ、くれぐれも焦って投資しないことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る