室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

「正直、公正」が個人攻撃? どんだけ首相はおっかないの

公開日:

「人を批判するものではなく、変えることはございません」(石破茂自民党元幹事長)

 28日付の日刊スポーツによると、石破さんは27日、国会内で開いた政権公約発表の会見で、そう言って自民党総裁選に向けた「正直、公正、石破茂」というキャッチフレーズは変更しないと明言したとか。

 その2日前、25日には、自民党内から「正直、公正」ってのは安倍首相への当てつけみたいだ、そういう批判の声が上がって、変更もあり得ると、石破さんは言ってたんだよ。

 なにしろ、石破さんを支持する参院竹下派の吉田博美参院幹事長までが、

「個人的な攻撃には違和感がある」

 とか言って石破さんを牽制しおった。どんだけ、安倍さんておっかないの。

 でもさ、自民党内で「正直、公正」が安倍さんへの個人攻撃だと声が上がったのなら、つまり、安倍さんが嘘つきで、仲間ばっかりえこ贔屓する不公平な男だってこと、党内認識として一致してるわけでしょう?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る