室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

安倍首相が橋渡し? だったら核兵器禁止条約に賛成すべき

公開日: 更新日:

「唯一の戦争被爆国として、核兵器のない世界の実現に向けて、粘り強く努力を重ねていく」(内閣総理大臣・安倍晋三)

 これは6日、広島での平和記念式典での安倍さんの挨拶の一文。

 よく言うよ。てか、ただ用意された文を読んでるだけってか。

 だって、昨年の7月に国連で議題に上った、核兵器の開発や使用を全面的に禁じる「核兵器禁止条約」の参加、この国は後ろ向きだった。

 核兵器禁止条約に賛成している多くの国々から、日本が参加し、リーダーとなってくれることを期待されていたのに。

 安倍首相はこう続けた。

「被爆の悲惨な実相の正確な理解を出発点として、核兵器国と非核兵器国双方の協力を得ることが必要。~中略~双方の橋渡しに努め、国際社会の取り組みを主導していく」だって。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  5. 5

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  6. 6

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  7. 7

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  8. 8

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  9. 9

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  10. 10

    “黒い交際”閣僚をスルー 大メディアのご都合主義と二枚舌

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る