ウィラーエクスプレス 平山幸司社長<2>土台となった5年間

公開日: 更新日:

 1994年、近畿日本ツーリストに入社、国内旅行の商品企画を担当する部署に配属される。

 最初の5年間は、同社がプロデュースする国内ツアー「メイト」のパンフレット制作を担当した。1人の社員がパンフレット1冊を担当するのだが、それは紙面作りの仕事だけではない。

「ツアーのコンセプトづくり、原価計算、宿との仕入れ交渉といった商品企画から始まり、紙面構成や原稿作りなどの編集も含めて、デザイン制作会社に落とし込むまでの行程をすべて行っていました」

 入社して半年経った頃、初めてパンフレットを任されたときのことだった。チェックの甘さから、ある旅館のコメント欄に別の旅館名が表示されたパンフレットが刷り上がってしまう。刷り直しにかかった金額は数百万円にも及んだ。

 平山の失態のせいで、上司である課長が部長の前に立たされ、叱責されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  7. 7

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  8. 8

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る