ウィラーエクスプレス 平山幸司社長<2>土台となった5年間

公開日:

 1994年、近畿日本ツーリストに入社、国内旅行の商品企画を担当する部署に配属される。

 最初の5年間は、同社がプロデュースする国内ツアー「メイト」のパンフレット制作を担当した。1人の社員がパンフレット1冊を担当するのだが、それは紙面作りの仕事だけではない。

「ツアーのコンセプトづくり、原価計算、宿との仕入れ交渉といった商品企画から始まり、紙面構成や原稿作りなどの編集も含めて、デザイン制作会社に落とし込むまでの行程をすべて行っていました」

 入社して半年経った頃、初めてパンフレットを任されたときのことだった。チェックの甘さから、ある旅館のコメント欄に別の旅館名が表示されたパンフレットが刷り上がってしまう。刷り直しにかかった金額は数百万円にも及んだ。

 平山の失態のせいで、上司である課長が部長の前に立たされ、叱責されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る