北海道大地震が企業直撃 経済損失は熊本以上の5兆円超えも

公開日: 更新日:

 北海道の大地震は多くの企業を直撃している。工場の操業停止、コンビニやスーパーの営業停止。札幌証券取引所は6日の取引を中止した。

 6日時点で、日本製紙や王子製紙、トヨタ自動車、森永乳業、明治、キユーピー、カルビー、マルハニチロ、日清食品、京セラ、パナソニック、丸大食品、伊藤ハム、アサヒビール、キリンビールなどの工場が停止している。

「千歳市に工場のある半導体関連のSUMCOの株価は大きく下がりました。投資家から、手放したほうがいいかという問い合わせがあったほどです」(株式評論家の倉多慎之助氏)

■上場企業数は熊本県の9倍

 小売りや外食への影響も深刻だ。セブン―イレブンは道内1005店のうち940店が停電している(6日午後2時時点)。コンビニ関係者によると、自家発電のある店でも2、3時間が限界のケースが多数だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  4. 4

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 5

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  6. 6

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  9. 9

    メッセンジャー黒田有さん 文化住宅で過ごした壮絶幼少期

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る