ウィラーエクスプレス 平山幸司社長<8>減量に成功で1万円

公開日:

 乗務員の安全対策を模索していく中で、平山は徹底した健康経営を推し進めることに決めた。

 今年1月、その一環として、本社とバス駐車場がある一角に誕生したのが宿泊棟「新木場ベース」(東京都)だ。

 個室79室、更衣室、浴室などのほか、500キロカロリー、塩分3グラム未満のヘルシーメニューを提供するカフェテリアも完備されている。

 それまでは、借り上げアパートやホテルで睡眠を取り、食事は外食やコンビニで済ますというのが、長時間運転を終えた乗務員の過ごし方だった。

 生活習慣病を防ぐためにいくら健康への意識づけを試みても、夜間運転が多く生活も乱れがちになる乗務員が、生活改善をするのはたやすいことではない。

 そこで、平山は環境づくりが必要だと考え、総額6億円を投じて乗務員に快適な睡眠と食事を提供できる拠点をつくることにしたのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る