ハブ 太田剛社長<1>名門「報徳学園」へ駅伝選手として進学

公開日:

 英国風パブ「HUB」などを106店舗運営する「ハブ」社長の太田剛(57)は今年6月、カクテル・フードメニューを80~180円値下げし、500円以下の商品を大幅に増やした。

 外食産業界は材料費と人件費の高騰によって軒並み値上げに踏み切ったが、太田は逆に値下げをして「攻め」に出た。太田はサラリーマン経営者だが、勝負度胸の良さは並外れている。「経営者としての人間形成は陸上競技で身に付けた」という。

 太田は1961年、神戸市垂水区生まれ。3人兄弟の次男だ。父は公務員だった。勉強よりスポーツ好きで中学生になると陸上競技に熱中し、長距離ランナーになった。駅伝選手として報徳学園に進学した。

「報徳学園は駅伝の名門。入学すると私のような推薦入学者が1学年10人いました。入学式後、顧問の先生から『学生服をロッカーに保管し、ランニングスタイルで通学するように』と言われ、雨の日も走れるようにと雨がっぱを用意させられました。朝練はJR甲子園口駅から学校まで約3.5キロの区間。私は毎朝5時半に起床、JR神戸線垂水駅から約50分で甲子園口駅に到着し、7時ごろから先生と選手で集まって学校まで走りました。朝練、授業、また練習の毎日でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

もっと見る