有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

小野薬品工業<上>本庶氏のノーベル賞で株価が2年ぶり高値

公開日: 更新日:

 2018年のノーベル医学生理学賞は京都大学の本庶佑特別教授に授与されることが決まった。授賞理由は「人体を守る免疫の仕組みを利用しての新たながん治療の道を開いた」こと。

 受賞が決まって一夜明けた10月2日の東京株式市場。小野薬品工業の株価は一時、前日比7%高の3430円と2年2カ月ぶりの高値をつけた。本庶氏の研究成果を生かしたがん治療薬オプジーボのさらなる拡大を期待しての買いが入った。

 小野薬品と本庶氏の“オプジーボ開発秘話”を各メディアは一斉に報じた。

 小野薬品は1717(享保2)年創業の関西を地盤とする中堅の製薬会社である。かつては血流改善薬オパルモンやアレルギー性疾患治療薬オノンなどで高い収益を挙げてきたが、特許切れや後発薬の攻勢で陰りが出てきていた。

 14年、新型がん治療薬オプジーボを発売。がん細胞を直接攻撃する抗がん剤とは違い、体内の免疫細胞ががん細胞を攻撃し続けられるようにする画期的な薬として脚光を浴びた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る