ハノイ会談は北ペースに 焦るトランプが用意する“隠し球”

公開日: 更新日:

 2回目の米朝首脳会談が27日に迫り、トランプ大統領はますます前のめりだ。対北強硬派で知られるボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が緊迫するベネズエラ情勢の対応に追われ、首脳会談に向けて韓国で開催予定だった日米韓高官会議をドタキャン。口うるさいお目付け役が一歩引いたことで、外交成果を焦るトランプ大統領の暴走に拍車を掛けているようだ。

 上智大教授の前嶋和弘氏(現代米国政治)は言う。

「トランプ政権で北朝鮮対応を担うのは、ポンペオ国務長官とビーガン北朝鮮担当特別代表ですが、ボルトン補佐官も関わっています。北朝鮮の非核化に懐疑的で、北朝鮮に何かと嫌がられているボルトン補佐官の関与が薄まった方が、トランプ大統領にとっても金正恩朝鮮労働党委員長にとっても、やりやすい環境になるのは間違いない」

 金正恩委員長にとってはシメシメの展開である。史上初の米朝首脳会談から半年あまり。焦りを募らせているのはトランプ大統領の方だった。北朝鮮が掲げる「行動対行動」の原則に合わせるように、米国も大幅譲歩。ビーガンが1月末、「シンガポールで行われた首脳会談の共同声明で交わされたすべての約束を、米国は『同時並行』で追求する用意がある」と言及。交渉が勢いづいた経緯がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  3. 3

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る