安倍政権を揶揄する金正恩「2.27米朝会談」で狙う日本外し

公開日: 更新日:

 停滞する北朝鮮の非核化は進展するのか。8カ月ぶり2回目の米朝首脳会談が27、28日にベトナムで開催されることになったが、焦点は目に見える成果だ。米国が完全非核化に向けた具体的措置を求めるのに対し、北は「相応する措置」として制裁緩和・解除などの見返りを要求。議論は平行線をたどっていた。

 6日の一般教書演説でトランプ大統領は対北外交を自賛。「核実験は止まり、ミサイル発射は15カ月以上行われていない。私が米大統領に選ばれていなかったら今頃、北朝鮮と大規模な戦争のさなかにあり、何百万人もの死者が出る可能性があった」などと交渉力を誇示していた。

 米国は北が廃棄の意思を示す寧辺の核施設などの査察受け入れや核関連のデータ提出などで合意を目指す一方、態度を軟化。ビーガン北朝鮮担当特別代表は「信頼醸成措置を議論する用意がある」と言及し、会談後の人道支援や連絡事務所の相互設置、制裁の一部解除、さらに朝鮮戦争の終戦宣言まで浮上している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  6. 6

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  9. 9

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  10. 10

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る