中村芳平
著者のコラム一覧
中村芳平外食ジャーナリスト

1947年3月9日、群馬県生まれ。早大卒。「週刊サンケイ」の契約記者などを経てフリーに。近著に「居酒屋チェーン戦国史」(イースト新書)。

「大庄」加速する魚離れで100店舗閉鎖 和食の継承に危機感

公開日: 更新日:

 大庄は「庄や」と「日本海庄や」を2枚看板に、「大庄水産」や「やるき茶屋」など三十数業態あり、直営503店舗、FC154店舗、計657店舗を全国展開している。今期「板前がいるまちの酒場。庄や」を掲げ、板前不在が当たり前の大手居酒屋チェーンとは差別化を図っている。

 大庄創業者の平辰(79)は、新潟県佐渡市の出身。母親の実家が網元で、子供の頃から新鮮な魚介を食べていたのが大衆割烹チェーン「庄や」を創業した原点だ。佐渡の高校を卒業、1958年に上京、アルバイトをしながら大学の理工学部へ通った。中退し、日立製作所に3年勤務、退職。人生の荒波にもまれながら68年4月、大田区池上本門寺参道で1~2階店舗兼住居の若鶏焼き「朱鷺」を開店。フリー客が全く望めない立地だったが、近所の銭湯で三助を志願、老人たちの背中を流しては、客を呼び込んだ。ここで3年、信用を積み、71年11月、神田三崎町に大衆割烹「太平山酒蔵」を開店、大繁盛させた。そして73年3月、その近くに大衆割烹チェーン1号店の「庄や本家店」を開店、チェーン化に乗りだした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る