【小泉旋風】田中真紀子氏の言葉に総裁選出馬を決意した

公開日: 更新日:

■平成13年

「無党派層は寝ていて」など、森元首相の失言もあり、平成13(2001)年4月、内閣は退陣に追い込まれた。

 橋本龍太郎氏、亀井静香氏、麻生太郎氏、小泉純一郎氏の4氏が出馬した党総裁選は、小泉氏が298票を獲得して圧勝。当時、小泉氏の「自民党をぶっ壊す」というフレーズは茶の間の話題を集め、遊説は常に人だかり。そんな「小泉旋風」の原動力となったのが、田中真紀子元外相だ。田中氏が小泉支援の理由を振り返る。

「森さんの国民主権を無視するような発言や自民党政治の驕りに対し、当時の有権者は政治に疲弊していました。私は国民の政治離れを食い止めるためには、まず、国民の目を政治に引き付ける必要があると考えていました。ある日、神奈川選出の先輩議員が私の国会事務所に来て、『純ちゃんと真紀ちゃんがタッグを組めばドリームコンビになる。頼むから小泉陣営の旗振り役をやって』と言われ、小泉事務所を訪ねて総裁選の立候補を打診すると、小泉さんは『冗談じゃない。絶対出ない』と。そこで、仲間の若手議員たちと二度三度と押しかけて、『選挙期間中、私がずっとついてまいります。小泉総理誕生のため、母となり、妻となり、娘となります。必ず圧勝させます』と口説いたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  4. 4

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  5. 5

    公明党の「小池離れ」と「自民優先」で都政は立ち往生必至

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 7

    東京女子医大看護師 感染リスク覚悟で対応もボーナスゼロ

  9. 8

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  10. 9

    <1>戦略家の大統領補佐官が「暴露本」を書いた重大な意味

  11. 10

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

もっと見る