日産業績悪化で10年ぶり減配…西川社長が“白旗”を揚げる日

公開日: 更新日:

 ゴーン事件で大揺れの日産自動車の業績がボロボロだ。売上高は2年連続、営業利益は4年連続で減少の見通し。売上高営業利益率が経営統合を迫る仏ルノーを大幅に下回る上、10年ぶりの減配となる。西川広人社長は「ゴーン前会長の事件やルノーの関係で事業に集中できなかった」と釈明したが、そんな子供だましの言い訳にルノーが黙っているはずはない。西川日産が白旗を揚げる日が迫っている。

 日産は2019年3月期決算に続き、来季の業績予想もメタメタだ。売上高が前年比2.4%減の11兆3000億円。営業利益は27.7%減の2300億円、純利益は46.7%減の1700億円の見通しだという。

 西川社長は「相当無理な拡大をしてきた」とし、カルロス・ゴーン前会長が進めた拡販戦略を批判。世界販売の3割を占める米国で値引き販売に依存した結果、利益率は1.2%まで落ち込んだが、「いまが底。今後2、3年で元の日産の軌道に戻す」とV字回復を宣言した。経済ジャーナリストの井上学氏は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  8. 8

    阪神株主総会で露呈 野球素人の“お偉方”が肩で風切る不安

  9. 9

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  10. 10

    長引き離婚を巡る「世界のキタノ」と「世界の三船」の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る