大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

公開日: 更新日:

 国民民主党が22日、参院東京選挙区に新人を擁立すると発表した。今回、定数が5から6に増える東京選挙区には、すでに自民、公明、立憲、共産の主要政党が候補者を擁立し、維新も立てる予定。大混戦は必至だ。

 国民民主が擁立するのは、JAXA職員の水野素子氏(49)。東大法卒の才媛だ。東大時代、ミス・ユニバースの関東代表に選ばれている。現在、小5男児と小2女児を育てているシングルマザーだ。東京選挙区には、有力美人候補が4人立つことになる。

「つい最近まで、東京選挙区は無風だとみられていました。現職の5人と立憲民主が擁立する塩村文夏氏(40)の6人で決まりだとみられていた。そこに国民民主が女性候補を立て、維新からも出馬しそうです。さらに立憲民主が2人目を擁立し、自民党が3人目の公認候補として貴乃花を立てるのではないかという話も流れている。一気に激戦区になっています」(政治評論家・有馬晴海氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  9. 9

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る