最悪の日韓関係に光明か 韓国外交部トップの“知日派”ぶり

公開日: 更新日:

 米中経済関係が急速に悪化しているが、日本といえば隣国の韓国と「戦後最悪」とも呼ばれる状況にある。韓国の大法院(最高裁)が三菱重工と新日鉄住金に元徴用工への損害賠償請求を命じる確定判決を出したことで両国の溝が深まっているからだ。

 そんな中、韓国の文在寅大統領は韓国外交部(日本でいう外務省)の第一次官に韓国外交院長の趙世暎氏を任命した。外交部のトップは長官(日本の外務大臣に相当)である。

 この人事については日本のメディアも、<韓国の外務省第一次官に日本通・趙世暎氏>(5月23日・毎日新聞 デジタル版)、<「ジャパンスクール」外務次官に 韓国政府>(同・日本経済新聞 デジタル版)、
<外務第1次官に知日派>(同・時事通信)などと報じた。

 趙氏の起用は文大統領の日韓関係改善の強い意思を意味すると考えていいのではないか。外交部には北米局などさまざま局があるなか、日本に精通した人物を官僚機構のトップの第一次官にしたからである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん“ちょんまげヘア”バッサリでサッパリしたが…自宅で「断髪」は美容師法違反?

    小室圭さん“ちょんまげヘア”バッサリでサッパリしたが…自宅で「断髪」は美容師法違反?

  2. 2
    腸に長方形の影が! 腹痛を訴えるエジプトの服役囚から摘出されたモノは…

    腸に長方形の影が! 腹痛を訴えるエジプトの服役囚から摘出されたモノは…

  3. 3
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

  4. 4
    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

  5. 5
    <38>ドン・ファン愛人の菜々ちゃんが「1日3回」の技を説明し始めた

    <38>ドン・ファン愛人の菜々ちゃんが「1日3回」の技を説明し始めた

もっと見る

  1. 6
    立憲民主の新人善戦で自民13人が大苦戦 中には閣僚経験者が4人も

    立憲民主の新人善戦で自民13人が大苦戦 中には閣僚経験者が4人も

  2. 7
    エンゼルスは大谷翔平の残留に勝算アリ!「二刀流起用を使いこなせるのはウチだけ」の自負

    エンゼルスは大谷翔平の残留に勝算アリ!「二刀流起用を使いこなせるのはウチだけ」の自負

  3. 8
    飲み屋でベロベロ大暴走!20代女性の胸を触り背中に噛み付いた老舗呉服店御曹司の評判

    飲み屋でベロベロ大暴走!20代女性の胸を触り背中に噛み付いた老舗呉服店御曹司の評判

  4. 9
    UR汚職疑惑でも自民党の選挙の顔! NHKはトンデモ発言をファクトチェックすべきだった

    UR汚職疑惑でも自民党の選挙の顔! NHKはトンデモ発言をファクトチェックすべきだった

  5. 10
    西武42年ぶりの屈辱最下位争い 辻監督それでも続投は「松坂大輔の充電」待ち

    西武42年ぶりの屈辱最下位争い 辻監督それでも続投は「松坂大輔の充電」待ち