立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト、1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。アメリカン大学(米ワシントンDC)フェロー。毎日放送「ちちんぷいぷい」レギュラー。

なぜ日本の検察にはロバート・モラーがいないのか?

公開日: 更新日:

「(トランプ)大統領は、司法妨害はなかったと繰り返し主張しているが、それは(捜査)報告書が伝えていることですか?」

「違います」

 7月24日、アメリカ下院で開かれた公聴会。質問にそう答えたのはロバート・モラー氏。今年5月までの22カ月にわたってロシア疑惑とトランプ大統領の司法妨害を調べてきた元特別検察官だ。

 モラー氏の証言の後、トランプ大統領は、「(ロシアとの)共謀はなし、司法妨害もなし、民主党による魔女狩りだ」とツイート。そのツイートをどう見るかは議論が分かれるだろう。しかし、勝ち誇った安堵感からのつぶやきと見るのは難しいだろう。

 モラー氏と下院議員とのやりとりからは、実際には司法妨害はあったと思わせる内容が出ている。後に辞任したホワイトハウスの法務官にモラー氏を解任するように言ったり、周囲に嘘の証言を行うよう求めていた疑いも浮上。また、大統領自身が十分に捜査に協力しなかった実態も明らかにされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る