適菜収
著者のコラム一覧
適菜収作家

1975年生まれ。作家。ニーチェの「アンチクリスト」を現代語訳した「キリスト教は邪教です!」、「ゲーテの警告 日本を滅ぼす『B層』の正体 」など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。詳細は適菜収のメールマガジンへ。

気持ち悪い…ユーチューブ時代に逃げられないのはN国党だ

公開日: 更新日:

 名前を出すのもおぞましい集団が、前回の参院選で1議席取ってしまい、案の定、暴走を始めた。人間には危機を回避するための本能が備わっている。おそらくタレントのマツコ・デラックスも、肌感覚で「気持ち悪い」と言ったのだろう。

 TOKYO MXの番組(7月29日放送)では「ちょっと宗教的な感じもあると思う」「ふざけて入れた人も相当数いるんだろうなと思う」と発言。いずれもまっとうな批判だが、党首の立花孝志は「N国党に投票してくれた有権者をバカにした発言は許しがたい」「マツコ・デラックスをぶっ壊す!」と激怒。TOKYO MXのスタジオ前に行き、「MXさんが謝罪するまで、毎週お邪魔する」と騒ぎ立てた。さらには動画で「おまえのほうが気持ち悪いよ」「マツコはテレビ局の犬。ワンワンワン」と罵倒。「気持ち悪い」としか言いようがない。タレントとはいえ一般人を政治家が恫喝するのは異常である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  4. 4

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る