適菜収
著者のコラム一覧
適菜収作家

近著に「日本人は豚になる」「ナショナリズムを理解できないバカ」など。著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。詳細は適菜収のメールマガジンへ。

気持ち悪い…ユーチューブ時代に逃げられないのはN国党だ

公開日: 更新日:

 名前を出すのもおぞましい集団が、前回の参院選で1議席取ってしまい、案の定、暴走を始めた。人間には危機を回避するための本能が備わっている。おそらくタレントのマツコ・デラックスも、肌感覚で「気持ち悪い」と言ったのだろう。

 TOKYO MXの番組(7月29日放送)では「ちょっと宗教的な感じもあると思う」「ふざけて入れた人も相当数いるんだろうなと思う」と発言。いずれもまっとうな批判だが、党首の立花孝志は「N国党に投票してくれた有権者をバカにした発言は許しがたい」「マツコ・デラックスをぶっ壊す!」と激怒。TOKYO MXのスタジオ前に行き、「MXさんが謝罪するまで、毎週お邪魔する」と騒ぎ立てた。さらには動画で「おまえのほうが気持ち悪いよ」「マツコはテレビ局の犬。ワンワンワン」と罵倒。「気持ち悪い」としか言いようがない。タレントとはいえ一般人を政治家が恫喝するのは異常である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

  8. 8

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

もっと見る